火おこしが簡単に!ユニフレーム「チャコスタⅡ」

スポンサーリンク
キャンプ



火おこしが簡単に!ユニフレーム「チャコスタⅡ」

キャンプでの必需品”

バーベキューや焚き火など火がなくては出来ませんね。

しかし、火おこしは慣れていないと難しく時間がかかってしまいます。

そんな時に簡単に火おこしをしてくれるアイテムがチャコスタです!

チャコスタは、最初に着火剤に火をつけ、その上に炭を入れたチャコスタを置くだけで火おこしが出来ます。

 

広告
スポンサーリンク

火が簡単におこせる理由

引用元:UNIFRAME

チャコスタII 内の炎により上昇気流が発生します。その力によりチャコスタⅡ横の穴から空気(酸素)を取り入れ、簡単に炭火を熾せます。

チャコスタⅡの中に外気より高温の空気がある時、チャコスタⅡの中の空気がより早く外に出ようとします。 外から空気を取り込む事によって中の空気を外に出そうとします。その為、炭を置いてる部分の空気の流れが速くなり効率的に火をつけることが出来ます。

 

この横の穴から空気を取り込みます。

薪も入れられる大きさと強度があるります。なので、焚き火を行う事も可能です!

 

スポンサーリンク

使い方

引用元:UNIFRAME

①焚き火台やファイアグリルの上に着火剤を置き、火をつけます。

 

②炭を入れたチャコスタを着火剤の上に置きます。

空気の流れをよくするために、炭は7割ぐらいまでにします。

 

③5分弱で火が見えてきました。

④10~15分で完了です!

 

スポンサーリンク

ユニフレームのチャコスタをオススメする理由

耐久性抜群!

何度も使用してますが、曲がったり欠けたり全然してません。

燃焼速度

着火剤の上に置くだけで設置完了。何もしないで15分ぐらいの速さで燃えます。

簡単

折り畳みができるので、道具が多いキャンプでの持ち運びに便利です。

引用元:UNIFRAME

値段が他の物より高め

オススメ理由ではありませんが、値段が他の物に比べると少し高めになってしまいます。

耐久性が高いため長く使えるので、値段は高いですがオススメです。

 

広告
スポンサーリンク

仕様/規格

●本体素材:ステンレス鋼
●ハンドル、底網素材:スチール
●使用サイズ:190×245×H280mm
●収納サイズ:280×190×30mm
●総重量:約1.2kg
●生産国:日本

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました