初心者でも分かる!バドミントンのルール・勝敗の決め方

スポンサーリンク



バドミントンには、

1対1で対戦するシングルス

2対2で対戦するダブルスがあります。

 

 

コートは同じコートを使用します。

使用範囲が異なります。

  

 

勝敗の決め方

バドミントンにはセットという呼び名はなく、ひとつの試合をマッチと呼び、マッチは3つのゲームで構成されています。

試合は、3ゲームマッチで行われます。 先に2ゲームを先取したほうが勝ちです。

ファーストゲーム(第1ゲーム)・セカンドゲーム(第2ゲーム)と進め、 もし1対1になった場合は、ファイナルゲーム(第3ゲーム)が行われます。

1ゲームは先に21点取ったほうが勝ちです。

もし、20vs20になった場合は、延長ゲームとなります!

延長ゲームは2点差がついた時点で終わりとなります。(27vs25など)

そして2点差がつかないまま続いた場合は30点を取ったほうが勝ちとなります。(30vs29)

チェンジコート
(1)第1ゲームを終了したとき
(2)第2ゲームを終了したとき(第3ゲームを行う場合)
(3)第3ゲームでどちらかが最初に11点に達したとき

休憩(インターバル
各ゲームで一方のポイントが11点になった時、60秒を越えない休憩(インターバル)が入ります。
ゲームとゲームの間は120秒を越えない休憩(インターバル)が入ります。

 

ルール

黄色の部分が最初のサーバー、レシーバーの位置です。

サーバーはサービスコートから相手コートのサービスコートに向かってサービスします。

ラリーに勝ったほうが次のサービスを行います。

自分の得点が偶数なら右から、奇数なら左からサービスを行う。

 

<例>

  

  1. A選手がサービスを打ちました。
  2. ラリーの結果、B選手が勝ちました。B選手に1点入ります。
  3. B選手は1点(奇数)なのでコートの左側からサービスを打ちます。
  4. ラリーの結果、またB選手が勝ちました。
  5. B選手に1点が入り2点となります。
  6. B選手は2点(偶数)なのでコートの右側からサービスを打ちます。

 

ダブルス

図1  図2  図3 図4  図5  図6

  1. AがCにサービスを打ちました。
  2. ラリーの結果、CDペアが勝ち、CDペアに1点が入ります。
  3. CDペアは1点(奇数)なので、コート左側からサービスを打ちます(図2)
  4. サービスを打つ人は、(図1)のラリーの時に左にいたDです。
  5. ラリーの結果、またCDペアが勝ちました。CDペアに1点が入ります。
  6. CDペアの得点は2点(偶数)になりました。Dがそのまま続けてコート右側からサービスを打ちます(図3)
  7. ラリーの結果、今度はABペアが勝ちました。ABペアに1点入ります。
  8. ABペアは1点(奇数)なので、コート左側からサービスを打ちます。(図4)
  9. サービスを打つ人は、その前(図3)のラリーのときに左にいたBです。
  10. ラリーの結果、ABペアが勝ちました。ABペアに1点が入ります。
  11. ABペアは2点(偶数)なので、コート右側からサービスを打ちます。(図5)
  12. Bがそのまま続けてコート右側からサービスを打ちます。
  13. ラリーの結果、CDペアが勝ちました。CDペアに3点目が入ります。
  14. CDペアは3点(奇数)なので、コート左側からサービスを打ちます。
  15. サービスを打つ人は、その前(図5)のラリーの時に左にいたCです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました