雪・ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いは?

スポンサーリンク
ことば



雪・ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いは?

「あっ!!あられだ!…ん?ひょうなのかな?」なんとなく感覚で言ってたけど、違いって何なんだろう…

雪・みぞれ(霙)・ひょう(雹)・あられ(霰)の違いを説明していきます。

 

雪とは

みぞれとは

雪とは

雪は雲から降ってくる氷の結晶です。

雲の中で空気中のちりやほこりに水蒸気がくっついてこおり、氷のつぶとなります。

この氷のつぶが結晶です。この結晶にさらに水蒸気がくっついて大きくなり、雪の結晶ができあがります。

この雪の結晶が、地上に落ちてくる途中で溶けて水滴になると雨になります。

そのまま溶けずに落ちてきたものが雪です。

 

みぞれ(霙)とは

雪と雨が同時に降る現象の事です。

雨から雪、雪から雨に変わる時に見られます。

気温がとても低い時は起こらず、地上気温が 0~5℃かつ地上空1500メートルでマイナス6℃~マイナス3℃の間のときにみぞれになることが多いそうです。

  • 都心では雪が降る際はみぞれになることが多いです。
  • 日本海側では初冬や初春の頃によくみられます。

「氷雨」ともいいます。

・「みぞれ」は気象観測では「」と分類されています。なので雪より先にみぞれが降った時は、その時が初雪となります。

・天気予報では「雨または雪」、「雪または雨」と表現します

 

ひょう(雹)とは

雲から降る直径5ミリ以上の氷の粒です。

雪は氷の結晶ですが、ひょうは氷の粒です。

寒い冬よりも、春や秋に降ることが多いようです。

この頃は、地面付近は暖かいのですが、上空の空気は冷たいことがあります。

このような時に、入道雲(積乱雲)が発達して、ひょうが降ったりします。
積乱雲の中では、上昇気流がとても強いので、小さな氷のつぶは中々下に落ちることができず、ぶつかりあって大きなつぶに成長します。
やがてその直径が2センチメートルぐらいになると、上昇気流が支えきれなくなり、落ちてきます。
落ちてくる間にとけて雨に変わりますが、大きくなった氷の粒は、とけきらずに氷のまま落ちてくることがあります。これがひょうです。

 

あられ(霰)とは

雲から降る直径5ミリ未満の氷の粒

ひょうとの違いは大きさだけです。

特徴はあられは地面に落ちた時に跳ねます!

 

 

*雪の結晶と言えば、六角形をすぐにイメージすると思いますが、みぞれ・ひょう・あられには結晶がありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました