鏡餅にはどんな意味があるの?飾る期間や場所・鏡開きについて解説!

スポンサーリンク



お正月といえば、門松・しめ縄・鏡餅!

今年もそろそろ準備を始めないとだね!

うん!けど、どうして飾るんだろう・・・

確かに・・お正月といえば、慣れ親しんでいたけど、ちゃんと理由を考えた事がなかったわ・・・

 

いつ飾る?

鏡餅は年末に、門松やしめ縄とともに飾ります。この3つを飾るのは28日が一般的です。

8は「末広がり」を意味し、良い日だとされています。

29日は”苦”を連想させ、31日は”一夜飾り”で失礼とされています。

新しい1年の神様=”年神様”をお迎え・もてなす・見送るためのものとして年末に準備します。

 

  • 門松・・・神様を迎え入れるための目印
  • しめ縄・・神様をお迎えする準備ができていて、神様をお迎えするのにふさわしい場所であるということを表すもの
  • 鏡餅・・・神様の拠り所

”年神様”を家に迎える・もてなす・見送るための行事ですが、お迎えした年神様の居場所が鏡餅です。

 

どこに飾る?

鏡餅は1つに限らず、複数お供えしても大丈夫です。

メインの鏡餅を床の間へお供えするのが良いです。床の間がない場合には、神様に来ていただきたい大事な場所(リビングや子ども部屋など)にお供えしょう。

供える方角は、その年の恵方、または南向き、または東向きが良いと言われています。

 

いつまで飾る?

門松・しめ飾りは、一般的に”松の内”とされる1月7日まで飾ります。(地域によって異なります)

鏡餅は1月11日のぞろ目の日に下ろすのが縁起がいいとされています。この日に鏡開きをおこないます。(地域によって15日などにされる地域もあります)

年神様は新しい年にいろいろなものに宿ります。鏡餅にも年神様は宿ります。それを鏡開きで食べて、自分自身にも年神様をお迎えするという意味があります。

年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、松の内が終わったら食べるというのは、神様に対する感謝の気持ちを表すことでもあり、1年を安全に健康で災いなく過ごせますようにと、願う気持ちが込められています。

 

鏡餅を包丁などで切るのは禁止されています。

鏡開きはもともと武家から始まった行事です。鏡餅に刃物を使うことは切腹を連想させるので禁物でした。そこで、手か木槌などで割ることになりましたが、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使って「鏡開き」というようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました