美白有効成分|悩みに合わせて成分選び!それぞれの成分を解説

スポンサーリンク



厚生労働省が承認する美白有効成分とよばれるものは20種類程あります。

それぞれ成分によって働きかけ方が変わってきます。

成分ごとに特徴を説明します。

 

ビタミンC誘導体
メラニンは色素細胞が、「チロシナーゼ」という酵素を用いて作るものです。

チロシナーゼ酵素の働きを抑えれば、メラニンを作る量を減らすことができます。

このチロシナーゼ酵素を抑える働きがあるのが「ビタミンC」です。

肌に浸透後、肌の内部にある酵素によって分解されて、ビタミンCとして働きます。

 

カモミラET
色素細胞の活性化や増殖を抑えることで、メラニンの生成を抑える成分です。

 

トラネキサム酸
メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを予防する効果があります。
抗炎症薬や止血剤として使われていたこともあります。ニキビ向けの医薬部外品に配合されることもあります。

プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出される成分です。

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐだけでなく、ターンオーバーのサイクルを正常にしてくれます。

 

リノール酸s
紅花などから抽出されるリノール酸の美白効果を高めた成分。メラニン生成に不可欠なチロシナーゼという酵素を分解し、メラニンの生成を抑制します。肌のターンオーバーをサポートし、メラニンの排出を促す働きを持っています。

 

アルブチン
メラニンの生成に不可欠なチロシナーゼの働きを阻害します。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあります。

 

コウジ酸
しみのもととなるメラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑えます。

4MSK
サリチル酸の誘導体。資生堂独自の美白有効成分になります。メラニンの排出をスムーズにします。チロシナーゼの活性も抑えてくれます。
サリチル酸・・・毛穴詰まりの原因となる古い角質をやわらげます。

 

ハイドロキノン
美白成分として知られていますが、有効成分としての認可は得ていません。
チロシナーゼの働きを抑えることで、結果的にメラニンの生成を抑えます。

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれるほど強力な美白成分です。

しかし、肌への刺激が強い・酸化(劣化)しやすいといった面もあります。安全性を重視するのなら、皮膚科で処方してもらうのがおすすめです。

市販の化粧品を購入する場合は、できるだけ刺激の少ない(安定型ハイドロキノンを配合している・ハイドロキノンの配合量が2%以下)商品を選びましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました