美白に必要な成分は?メラニンへの働きかけ方が大事だった!

スポンサーリンク



 

厚生労働省が承認する美白有効成分は…

『メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ』効果が期待できる成分になります。

現在、厚生労働省承認の美白有効成分は20種類程になります。

 

メラニンとは

よくメラニンを抑える!など化粧水に書かれたりしていますよね。このメラニンとはそもそも何なのでしょう。

しみ・くすみの原因は、「メラニン」という物質が肌の内部で生成・蓄積されることです。

メラニンは色素細胞の中で、「チロシン」と「チロシナーゼ」という物質からできます。
チロシン×チロシナーゼ→メラニン

このメラニンは、肌のターンオーバーによって角質とともに垢として自然に排出されます。しかし、紫外線ダメージにより過剰にメラニンが作り出され、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまいしみとなります。

またターンオーバーの乱れもメラニンを排出できない原因となります。

なので、しみ・くすみをなくすには、メラニンが大きな要素となるのです。

 

美白になるためには

美白有効成分によって、働きかけ方が違います。自分の悩みに合わせてどの美白有効成分が入っていた方が良いのかを知っておくと化粧水など選びやすくなりますね。

 

●情報伝達物質をブロックする
紫外線などの刺激を受けると、肌表面の細胞がメラニンを作るように指令を出します。
その指令=情報伝達物質をブロックする

成分・・・カモミラET、トラネキサム酸、TXC

 

●チロシナーゼの活性と合成を抑える

メラニンは色素細胞が、「チロシナーゼ」という酵素を用いて作るものです。

チロシナーゼ酵素の働きを抑えれば、メラニンを作る量を減らすことができます。

チロシナーゼという酵素を分解したり、働きを制限したり、チロシナーゼの代わりに働くことで、メラニンの生成を抑えるのが特徴です。

成分・・・ビタミンC誘導体、リノール酸s、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、コウジ酸、プラセンタエキス、4MSK、TXC。

 

肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を促すもの

メラニンがスムーズに排出されるように、肌のターンオーバーを促進します。

成分・・・4MSK、プラセンタエキス、エナジーシグナルAMP

 

●メラニンの色を還元(しみを薄くする)
メラニンの色を無色化して、白く戻していきます。

シミだけでなく、日焼け後の肌をもとに戻す効果もあります。

成分・・・ビタミンC誘導体。(表記名は、L -アスコルビン酸2 -グルコシドや3 – O -エチルアスコルビン酸など)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました