生クリームとホイップクリームの違いは?どっちを使うべきなの?

スポンサーリンク
ことば



生クリームとホイップクリームの違いは?どっちを使うべきなの?

 

生クリームとは

厚生労働省の「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」において、クリームの定義は定められています。
「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18.0%以上にしたもの」

これを生クリームと呼びます。

動物性脂肪(乳脂肪)のみを原材料としたもの。

値段が高めで消費期限が短いですが、口溶けや口当たりが良く、風味がしっかり感じられます。

 

ホイップクリームとは

動物性脂肪+植物性脂肪で作ったもの、または植物性脂肪のみのものです。

「ホイップクリーム」や「植物性クリーム」は乳脂肪に添加物(植物油脂や乳化剤、安定剤など)を加えて動物性クリームに似せて作られたものです。
味や香りは純生クリームに比べるとあっさりとしてます。
消費期限が長く安価です。デコレーションケーキに使用する場合には、きれいな状態が長持ちするメリットがあります。

 

35%生クリームと45%生クリームはどう違うの?

乳脂肪分35%の生クリームの方が、口当たりが軽くさらっとした舌触りになります。

乳脂肪分45%の生クリームの方が、泡立ちやすいです。
分離もしやすいので、ホイップするときには注意が必要です。

 

脂肪分で使い分ける時は・・・

ガトーショコラのようなずっしり濃厚に仕上げたい時は、乳脂肪分高めのクリームを、
チーズケーキのような軽めに仕上げたいときには乳脂肪分低めのクリームを使うと良いでしょう。

 

生クリーム ホイップクリーム
価格 高い 安い
賞味期限 10日程度 1ヶ月以上
くちどけ 口どけ・口あたりが良い あっさり
おすすめ料理 ガトーショコラ・パスタ チーズケーキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました