5歳のわが子が扁桃腺摘出手術を決めた理由・手術までの流れ

スポンサーリンク



5歳のわが子が先日、扁桃腺摘出手術をしました。

手術を決めるまでとても悩みました。

本当に取ったほうが良いのかな、、小学校高学年・中学生になるにつれ小さくなるとも聞くので待ったほうが良いのかな、、、どっちがリスクが高いのだろうなどなど色々な事が気になりました。

今悩んでる方に、少しでも参考になればと思い手術を決めたまでの記録を残したいと思います(^^)

 

広告
スポンサーリンク

気になり始めたきっかけ・耳鼻科で診察をうけるまで

うちの子は、アレルギー性鼻炎がとっっっってもひどい子です(*_*)

寝てる時もいつもいびきをかいてました。

鼻がつまってるからだよね、かわいそうにとホコリが出にくい枕にしたり、布団に掃除機を毎日かけたり・・。

いびきは一向に良くならず、いびきの途中で「ガーガーガー、フガッ、、、、、ガーガー・・・」となるように。苦しいのか本人は無自覚でしたが、夜中急に座ったりと頻繁に起きるようになりました。そうするとぐっすり眠れてないので朝も全然起きれません。

え?!これって睡眠時無呼吸症候群じゃないのかな!?と心配になり耳鼻科で診察をしてもらうことに。

すると、扁桃腺が大きいね、大きくなって空気の通り道がほとんどふさがってしまっているね。摘った方が良いよ。紹介状を書くから一応夫婦で話し合っておいで。との事でした。

 

スポンサーリンク

手術をした方が良い場合

5歳は年齢的に扁桃腺が1番大きくなり中学生にもなれば次第に小さくなるので、生活に支障がなければそのまま様子を見ても大丈夫とのことです。

しかし、

  • 熱が頻繁に出る
  • 寝てる時にいびきをかいかく
  • 睡眠がしっかり取れず昼間ボーっとしている
  • いつも口を開けている
  • 食事を飲み込むのが苦しそう

など生活に支障がでる症状がある場合は手術した方が良いようです。

 

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸の影響

家の子は熱はあまり出ていなかったですが、睡眠時に問題がありました。

子どもの睡眠はとても大事です。
子どもは体は小さいですが、大人と同じくらいの酸素を必要とします。

いびきで脳に十分な酸素が送られないと、低身長・低体重などの成長に影響を与えるだけでなく、脳の発達にも影響が出てしまいます。

 

家の子は扁桃腺が大きくなっているのに加え、鼻の奥にあるアデノイドも大きかったようです。このアデノイドも切除手術することになりました。

いびきは鼻水だけが原因じゃなかったのか・・・ごめんね・・。

 

熱が頻繁に出ている訳ではなかったので手術は悩みましたが、体に影響が出るのはもちろん、毎晩の寝ている時の姿を見てたらとてもかわいそうだったので、それで治るならと手術を決めました。

 

広告
スポンサーリンク

影響は?

 

扁桃腺は免疫の役割を持ってますが、5歳になると体が成長しているので、扁桃腺を取っている子と取ってない子の免疫の差はないようです。

手術をする子は、学校を休まなくて大丈夫な就学前(幼稚園児・保育園児の時)か、小学校の夏休みなどの長期休暇にされる方が多いようです。

わが子は夏休みまで待たずにとってもらいました。
5月に地元の耳鼻科で紹介状を書いてもらい、5月に大きな病院に診察に行きましたが、病院が新型コロナウイルスの影響で5月いっぱいは手術は控えているとのことで、診察や検査は5月に済ませ手術は6月になりました。
病院によっては予約を取るのが大変で数か月待つこともあるようです。

 

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸の検査

 

いびきをかくけど手術まで必要なのかなと悩んでいる方は、睡眠時無呼吸になっているかの検査もあります。
家で寝ている時に装置を貼り測る機械です。
この機械を2日間つけて無呼吸になっているかを調べるようです。
子どもは寝相が悪かったりで正確な数値が取れない事もあるようです。
なので2日検査をし、総合的に結果を見て決めるようです。
家の子は、この検査をしてもしなくても摘出することになるだろうという事で、検査はしませんでした。

 

スポンサーリンク

手術の種類

また手術は、全部取り除く全摘出手術と、小さくするために削る切除術があるようです。

全摘出手は1度取れば熱が頻繁に出るという症状はなくなるようです。
しかし、切除手術に比べ、術後の痛み・出血をする可能性は上がってしまいます。

切除手術は、小さくなるのでいびきなどは軽減されるようです。手術後の痛み・出血も全摘出手術より可能性は低くなります。
しかし、扁桃腺を取り除いてしまってないので、熱が頻繁に出るというのは避けられないようです。

家の子は全摘出手術をしました。(多くの子がこっちのようです・・・)

 

スポンサーリンク

通院回数

手術まで病院に行った回数は2回です。

1回目・・・紹介状を持って病院に行き、診察をしてもらい手術をするか決めます。
2回目・・・手術が決まったら、血液検査やレントゲン・心電図など体に異常がないか検査します。
そして手術当日を待ちます。

 

スポンサーリンク

入院から手術まで

入院は手術前日から手術日・手術後1日目・・・手術後7日目と計9日間入院しました。

手術前日の21時まで飲食可能。21時から飲み物のみOK
手術日の朝7時まで飲み物可能。
9時から手術でした。

手術は全身麻酔1時間半ぐらいでした。(大体1~1時間半で終わるようです)

 

スポンサーリンク

手術での影響

うちの子は、手術後2日目から口臭がとても気になりました。先生にお尋ねしたらかさぶたが出来てその影響だろうとの事でした。徐々に気にならなくなり退院するときには口臭もおさまっていました。

また、もう1つの影響として声が高くなりました。
手術の影響で声変わりをする子もいるようです。
手術後から2週間経ってまだ術前までは戻ってませんが、少し戻ってきたので(旦那とは私たちの耳が慣れてきたのかな?と話してました(笑))もう少し様子をみていきたいと思います。

手術1ヶ月後、声も手術前に戻りました。

 

スポンサーリンク

さいごに

手術後の、寝ている様子を見て、口を閉じて寝てる・いびきで苦しんで起き上がらない姿を見て、本当に手術をして良かった!!!と感じました。寝姿に感動すら覚えました(笑)

手術前は、手術をするもしないもどちらにも不安がありました。子どもに手術を受けさせる心配と、この状態が続く心配…。
5歳になり色々な事が自分で出来るようになってきたと思っていました。しかし、まだ子どもは自分の状態を言葉で表現するのは出来ない部分があります。普段一緒に過ごしている親が気づいて行動してあげないとと今回の件で感じました。もっと早く行動出来たのでは!?と子どもが可哀そうに思うこともありました。

手術が決まるまで色々な方の話を聞き、手術をした方が良いのか、しなくて良いのかはその子によって全然違うんだなぁと思いました。

なので今、手術を悩んでいる方の少~~しでも役に立てれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました