リンス・コンディショナー・トリートメントの違いは?使用する順番など

スポンサーリンク



リンス・コンディショナー・トリートメントの違いは?

 

リンス・コンディショナー・トリートメントの定義については、統一されているわけではありません。
メーカーによって異なります。しかし、一般的には次のように分けられてます。

  • リンスとコンディショナーはどちらも、主に髪の表面をなめらかにするものです。
    髪のすべりをよくすることで、キューティクルの傷みを防ぎ、パサつきにくくします。

 

  • トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。
    髪の傷みをケア・補修したり、髪の質感をコントロールします。
    表面が傷んで内部のタンパク質が溶け出してスカスカの状態になった髪に、トリートメントをぬると、成分が浸透し髪を回復させてくれます。

最近では
リンスは、髪の内部に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント効果を併せ持つタイプもあります。
トリートメントは、リンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプが多いです。

 

リンス・コンディショナー・トリートメントは、髪のためのものなので、地肌にはつけずに、中間~毛先へとつけ、毛先はよくもみ込むことが大事です。

リンスは、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、そのまま洗い流して良いです。

トリートメントは、なじませたら10分ほど時間を置くとより成分が浸透します。

 

コンディショナーは表面保護、トリートメントは内部補修なので、先にトリートメントをして、一度流してからコンディショナーを付けていくようにしましょう。
*先にコンディショナーをしてしまうと表面に膜を張ってしまい、トリートメントが髪の内部に入らなくなってしまいます。

 

ぜひ、それぞれの役割を知り、綺麗な髪を保ってください(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました