ランタンスタンド おすすめの6選を比較

スポンサーリンク
キャンプ



ランタンを好きなところに設置するための”ランタンスタンド

我が家は、初めてのキャンプでランタンさえあれば大丈夫だろうと思い、ランタンスタンドを持っていかずにいました。(買ってもいませんでした・・(^^;))想像以上にテーブルの上では暗く影になってしまい、ランタンをつるせそうな所を探し回りました。

2回目のキャンプからは必需品として持っていってます!

 

ランタンスタンドの選び方やオススメ品を紹介したいと思います!

 

ランタンスタンドを使用すると・・・

高い位置にランタンをセットできるため、光が広がりやすく、周囲が明るくなります。また、子どもがランタンを触って火傷してしまうことを防ぐことができます(^^)

 

広告
スポンサーリンク

ランタンスタンドの選び方

 

使用時の高さと調整方法

座っているときや、料理で立ってる時など、高さが100~220cmぐらい調整幅があるものが良いと思います。調整幅は広いほうがオススメです。

 

調節の仕方は、スライド・ネジ(好きな高さにできるもの)と、分割されたポールの長さで調節するポールを増やしたり減らしたりするものに分かれます。好きな高さで調整をしたい場合はスライド・ネジのほうがいいでしょう。

 

脚のタイプ

1本脚タイプは、地面に突き刺すだけで設置が簡単です。

3本脚タイプのように、足を引っ掛けて転んでしまう・倒れてランタンを落としてしまうなどの心配もないです。小さい子どもがいるファミリーキャンプなどにもおすすめです。

見た目もカッコよく見えます。
3本脚タイプと比べると安定感は少し心配です。

 

3本脚タイプは、安定感が得られます!平地でのキャンプなら立てるだけで大丈夫です。付属のペグを打ち込めば、風の強い日でも安心して使えます。

1本脚タイプと違い、地面に差しこまなくて良いので女性でも簡単に設置できます。

場所を取ってしまう・子どもがいる場合足を引っかけてしまう平らな場所でないと不安定などの点はあります。

 

重さや収納サイズ

他にもたくさん荷物があるので、軽くて持っていきやすいものが良いですよね。折り畳み式やスライド式などさまざまなタイプがあるのでチェックしてみてください。収納袋があるものもあります!

 

スポンサーリンク

オススメのランタンスタンド6選

スノーピーク パイルドライバー

ロゴス システムランタンポール

ユージャック  ハンマーランタンスタンド  ダブルフリー

コールマン  ランタンスタンドⅣ

キャプテンスタッグ  アルミスライドランタンスタンド

 

スノーピーク*パイルドライバー*

絶大な人気を集めるアイテム!

一本脚で場所を取りません。子どもが足をひっかけてしまう心配もいらないですね(^^)

3つのスチールポールから構成されているので、長さ調整のネジをゆるめて1番上のポールと一番下のポールを握って上から下に振り下ろすと、地面に打ち込まれます。
パイルドライバーの先の方はとがっており、上下にスライドされると、どんどん地面に入っていきます。ハンマーを使わなくても設営できるので、女性でも設置できます!

先端は地面に刺さりやすいよう鋭く尖っていますが、保護キャップが付いているので安全です。

脚のタイプ 1本脚 調節方法 ネジ
長さ調整幅 110~240cm 耐荷量
重量 1.7kg 定価 ¥5,300+税

 

 

ロゴス*システムランタンポール*

引用元:LOGOS

ボタンひとつで簡単に高さ調節ができるロックピン式固定方法を採用されています。

引用元:LOGOS

高さを29段階に240cmまで調節できます!

ランタンが落ちにくいようにフックがクリップフックになっています。

引用元:LOGOS

転倒を防止するために、ペグが3本ついています。

脚のタイプ 3本脚 調整方法 ロックピン
長さ調整幅 100~240㎝ 耐荷量
重量 2kg 定価 ¥5,900+税

 

 

ユージャック*ハンマーランタンスタンド  ダブルフリー*

引用元:UJack

ランタンをかけるフックが2つあります。

ランタンを2つかけたり、洗い物を乾かしたりと色々な用途に使えます(^^)

フックが収納可能になっています。

最上部のスチール丸棒を持ち、 上から下に離すと本体が地面に打ち込まれていきます。

1本脚なので足をかける心配がいりません。

打ち込む時に音がするのでその点は注意が必要です!

脚のタイプ 1本脚 調整方法 ネジ
長さ調整幅 115~225cm 耐荷量 片側5kg
重量 2.3kg 定価 ¥7,280(税込)

 

 

コールマン*ランタンスタンドⅣ*

引用元:Coleman

3本脚ですが、脚を引っかけにくい構造になってます。

子どもがいたり、アスファルトなどで使う時などにオススメですね(^^)

収納サイズが小さくなるのもオススメです☆

高さの調節は10段階のスライド式になります。

引用元:Coleman

脚のタイプ 3本脚 調節方法 スライド(10段階)
長さ調整幅 109~226cm 耐荷量
重量 1.4kg 定価 \5,980(税込)

 

 

 

キャプテンスタッグ*アルミスライドランタンスタンド*

引用元:CAPTAIN STAG

1.2kgと軽量なのに2kgの耐荷量。

収納があまりコンパクトにならないので持ち運びを気にされる方は注意です。

リーズナブルなのでとりあえずランタンスタンドを!という方にもいいですね(^^)

 

脚のタイプ 三本脚 調整方法 ネジ
長さ調整幅 107~190cm 耐荷量 2kg
重量 1.2kg 定価 \6,000+税

 

色んなランタンスタンドのタイプがあるので是非自分に合ったものを見つけてみてください☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました