ユニフレームのREVOポールはテントの跳ね上げにオススメ

スポンサーリンク
キャンプ



ユニフレームのREVOポールをテントの跳ね上げに

テントの跳ね上げの時にいつも使っているユニフレームのREVOポールを紹介します。

わが家で使っているテントには元々2本ついていましたが、足りなくて買い足しました。

テントはユニフレームではありませんが問題なく使うことができます。

 

広告
スポンサーリンク

ユニフレームREVOポールとは

 

日本のアウトドア用品ブランド「ユニフレーム」

バーベキューの時に使うグリルやバーナーが特に有名です。

2008年に発表された「REVOシリーズ」「REVOタープ」が始まりです。

ユニフレームはグリルなどが有名ですが、テントやタープも隠れた人気商品です。

このREVOタープなどのメインポールとして作られたのが「REVOポール」

REVOタープ用のポールなのでREVOポールというんですね。

しかし、色々なメーカーのテントやタープにも問題なく使えます。

 

スポンサーリンク

ポールのいいところ

 

価格が安い

ポールは高いもので1本5,000円代のものが多いです。それに比べてREVOポールは2本組で180cmは2,000円、240cmは4,000円とリーズナブル。

安くて壊れたりしないの?と心配もありましたが、折れる事もなく使えています。
わが家は跳ね上げ用に180cmポールを使用してます。

180cmと240cmで太さも違うので、心配な方はメインポールを240cmのポールにすると安心です。メインポールは太さ25mm以上の物が安心といわれています。

メインポールには240cm、サイドポールには180cmと使い分けるのも良いですね。

 

サイズは2種類

 

REVOポール180 REVOポール240
長さ 180cm 240cm
価格(2本入) ¥2,000(税込) ¥4,000(税込)
重量(1本あたり) 620g 1,250g
長さ調整 120~180cm 120~240cm
太さ(φ…直径のこと) φ19(直径19mm) φ28(直径28mm)

先ほどのメインポールにはφ25以上を考えると、メインポールに使うにはREVOポール240が安心ですね。

φ19をテントの跳ね上げに使ってますが、風力発電所近くのキャンプ場で使用しましたが(中々の風力でした(^^;))倒れたり、折れたりすることなく使えました。

 

素材はスチール製。スチール製は強度や耐久性に優れています。

 

色が黒

色が黒なのでおしゃれな見栄えになります。

シルバーのポールが多い中、このお値段で黒いポールが手に入るのは嬉しいですね。

 

REVOポール240

楽天で検索

Amazonで検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました