ファミリーキャンプのテント選びに役立つ|テントの種類を分かりやすく解説

スポンサーリンク



家族でキャンプに行くためのテントが欲しい!
調べ始めるとすごい量のテントが出てくるけど、どんな種類があるの?なにが違うの?特徴は?

広告
スポンサーリンク

ドーム型

 

引用元:Coleman

テント内が広い

多くのドーム型テントは2本のポール(テント骨組みとなるパーツ)をクロスしてスリーブ(布のポールを通すところ)に通して組み立てるものが多いです。

2本のポールをクロスして組み立てるので、最小限のポール本数で広々とした室内空間を作ってくれます。

 

風に強い

半円球のような形をしているので、どの方向から風が吹いてきても風を上手く逃がしてくれます。

数が多い

テントといえばこの形を浮かべる方が多いのではないでしょうか?王道のテントなので、各メーカーから売られている数も最も多いので、デザインや大きさの種類もたくさんあります。

 

スポンサーリンク

ロッジ型

引用元:ogawa

 

山小屋のような形をしたテント

見た目が印象的ですね。絵本にでてくる家のようなフォルムをしてますね。

 

天井が高い大空間

側面の壁が、他のテントは斜めになってますが、ロッジ型はほぼ垂直になってます。

そのため天井が広くなり、床面積は他のテントと同じでもロッジ型の方が広く感じます

 

設営が簡単

パッと見難しそうに感じますが慣れてしまえば1人でも設営ができるほどです。

年間を通して使いやすい
側面のフラップは、メッシュ・全開・全閉とアレンジが効くので、季節を問わずに使いやすいです。

テントの連結が出来る

ドーム型やツールームテント、ロッジ型などどのテントにも連結が出来ます

重い

30キロ超えるものも珍しくなく、持ち運びは大変になります。
協力して持ち運びが必要になりますね。

広さが必要

居住性は抜群ですが、その分大きいので、キャンプ場・サイト選びの必要があります。

 

スポンサーリンク

ツールームテント

引用元:SABBATICAL

過ごしやすい

テントとタープが1つになっているので過ごしやすいです。子どもが先に寝たりしても距離が近いので安心ですね。

1つのテントの中に、寝室とリビングがある、まるで移動する家のような感覚です。

 

設営が楽

テントとタープをそれぞれ設営する必要がないので1度に設営・撤収が済みます。

ここに時間をかけないのは子どもが小さければ小さいほど大きなポイントですね(^^)

 

1人での設営は難しい

過ごしやすさはありますが、大きいので協力しながらでないと、1人での設営は厳しくなります。夫婦で息を合わせて設営しましょう(笑)

大きさから、キャンプ場・サイト選びが必要となってきます。

 

広告
スポンサーリンク

ワンポールテント(モノポールテント)

引用元:Nordisk

存在感がある

三角のとんがり屋根で、見た目がかわいく非日常感が味わえますね。サーカステントのようでワクワクしますね。

見た目に子ども達もテンションが上がるでしょう。

 

設営手順が簡単

テントの裾をペグで固定して、センターに柱となるポールを1本立てるだけで完了します。手順がとてもシンプルです。

 

天井が高い

トップに換気口が付いているものが多いです。そのおかげで、テント内でストーブを使うことが可能です。煙突を通す穴が付いているものもあります。
*換気をして注意しながら使ってくださいね。

 

ポールがド真ん中に

ポールがテントの真ん中にあるので、寝袋や荷物の配置を工夫する必要があります。

天井は高いですが隅が低くなるので少し狭く感じます。少し大きめを選ぶことをオススメします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました