ビール・発泡酒・第3のビール・新ジャンルの違いって?

スポンサーリンク
ことば



ビール・発泡酒・第3のビールの違いって?

ビールと呼ばれる範囲が2018年4月より広がりました。

 

ビールは

必須原料(麦芽、ホップ、水)+副原料で作られています。

 

この副原料の範囲が広がりました。

改正前→必須原料+副原料
改正後→必須原料+副原料+追加副原料

改正前 副原料(発酵助成や品質調整が目的)
麦、米、とうもろこし、こうりゃん、ばれいしょ、でん粉、糖類又はカラメル
改正後 追加副原料(香り付けや味付けが目的)
果実、コリアンダー・コリアンダーシード、香辛料(胡椒、山椒等)、ハーブ(カモミール、バジル等)、野菜、そば・ごま、含糖質物(蜂蜜、黒糖等)・食塩・みそ、花、茶・コーヒー・ココア(これらの調製品を含む)、かき(牡蠣)・こんぶ・わかめ・かつお節

改正前の副原料は発酵助成や品質調整が目的とされていました。しかし、改正後は香り付けや味付けが目的のものも追加になったのです。

*追加副原料の重量の合計は、麦芽の重量の 5 %までとなります。

そしてもう1つ!
ビールの原料の麦芽の使用割合が変更になりました。
この麦芽の使用割合は67%以上と定義されてきたましたが、改正で50%以上に引き下げられました。

 

ビールと呼ばれるものは

  • 麦芽の使用割合が50%以上
  • 追加副原料の重量の合計が、麦芽の重量の5%までのもの

 

発泡酒は

麦芽の使用割合が50%未満のものを言います。
もしも、麦芽比率が50%以上の場合、ビールでは使用できない副原料が使われていたり、規定量を超えて副原料が使われている場合、発泡酒となります。

 

第3のビール・新ジャンルは

麦芽の使用比率50%未満の発泡酒に、麦・麦芽以外を原料とした麦由来のスピリッツや蒸留酒などのアルコール飲料を加えたものをいいます。

 

 

2018年11月時点での「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」で、それぞれ酒税が異なります。
350mlあたりの酒税はそれぞれ約77円、47円、28円となっています。

これから、酒税がまた変わるとの話がでています。値段の差が今より無くなるのでは!?と言われています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました