ハンドボールのルール

スポンサーリンク
スポーツ
ハンドボールコート図



ハンドボールのルール

 

 

ハンドボールとは?
1チーム7人の2チームが相手のゴールにボールを投げ入れて得点を争う競技です。

ボールが相手ゴールに入ると1点が入ります。

試合終了時点で得点数が多いチームが勝ちとなります。

 

コート

長さ40m×幅20m

ゴール高さ2m×幅3m

 

試合時間

前半30分→休憩15分→後半30分

後半終了時点で勝敗が決まらない場合は、5分休憩→10分間の延長戦

それでも勝敗が決まらない場合は、7mスロー(サッカーで言うPK)を行い決着をつけます。

ルール

〇ボールの保有時間は3秒までとなります。1人のプレーヤーが3秒以上持っていると反則となります。

〇ボールに触れてよい部分は、膝から上となります。
足でボールに触れてはいけません。

〇ボールを持ったままのステップは3歩まで。
*ジャンプしてキャッチし、着地した足は0歩。
ジャンプキャッチをした場合は着地も含め4歩動くことができます。

〇選手交代は、自由です。審判に交代宣言をする必要がなく交代エリアで自由に何度でも交代することが出来ます。

〇ゴールにはゴールエリアが設けられています。
ゴールキーパーはゴールエリア内でゴールを守ります。
コートプレーヤーはゴールエリアに入ってはいけません。

〇 試合開始・失点後はセンターラインの中央からレフェリーの合図後3秒以内に行います。相手選手は3m以上離れなければなりません。

7mスロー:シュート体勢に入っている人へ守備の選手(ディフェンダー)が危険な行為をした場合や、ディフェンダーがゴールエリア内で攻撃を止めようとした時にゴールキーパーとの1対1でのペナルティースローが与えられます。(サッカーでいうPK)
シューターはフェイントはOKです。軸足が動いたり、7mラインを踏んではいけません

〇ドリブルしたボール持ち、再びドリブルした時、相手ボールになります。(=ダブルドリブル)
手首を返してドリブルするのもダブルドリブルになります。

〇ゴールエリアラインを踏んでシュートするのは反則となります。(=ラインクロス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました