ハイオク・レギュラー・軽油の違いは?同じレギュラーでも燃費が違うの?

スポンサーリンク
ことば



ハイオク・レギュラー・軽油の違いは?

 

レギュラー・ハイオク・軽油はどうやって作られるの?

車の燃料として使われるレギュラー、ハイオク、軽油。この燃料は全て「原油」から蒸留し、作られます。

蒸留・・・色々な混ざり合った物質から1つの物質を取り出すこと。
混ざり合った液体を熱して気体にし、液体に戻します。
物質によって沸点が違うのを利用します。

 

ハイオク・レギュラーと軽油の違い

原油は加熱炉で350℃に加熱され、原油からでた蒸気は沸点によって種類が分けられます。

レギュラー・ハイオク→ガソリン
軽油→ディーゼル燃料

3つともガソリンと思われる方が多いですが、ガソリンはハイオク・レギュラーの事をさします(^^)

ガソリンの場合は35℃~180℃で発生する蒸気で作られます。(=留出)
ディーゼル240℃~350℃で発生する蒸気で作られます。

留出・・・ある成分が液体となって取り出されること。

ガソリン(ハイオク・レギュラー)とディーゼル(軽油)との違いは原油から製油される段階での温度の違いです。

 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは?

ガソリンは、精製する過程で自然発火しないように添加剤などで調整します。

調整され出来上がったガソリンの「発火のしにくさ」でレギュラーとハイオクは分類されます。

この発火のされにくさを数値化したものを「オクタン価」といいます。

オクタン価の高いガソリンをハイオクガソリン、オクタン価の低いガソリンをレギュラーガソリンと呼びます。

JIS規格ではオクタン価が89以上をレギュラーガソリン、96以上をハイオクガソリンに分類しています。

 

オクタン価の数値は、石油会社によって異なります。

また数値はブランドによって違うようです。元のガソリンが同じでも、添加剤が加えられている場合もあります。

レギュラーでも数値が90のものもあれば、95のものもあるので、同じレギュラーでも数値が低いものは燃費が悪くなってしまいます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました