テニスの基本ルール|点数の入り方を初心者にも分かりやすく解説!

スポンサーリンク



テニスの点数の入り方・勝敗の決め方

 

テニスを観ていると、ポイントやゲーム、またラブ・フォーティーなどの用語や、急に点数が0から15になったりと、混乱してしまいますよね。

 

勝敗が決まるまでのプロセスを解説していきます☆

テニスは、ポイント取ってゲームを、ゲームを取ってセットを、セットを取ってマッチを取る=試合に勝つという仕組みになっています。

 

ポイント→ゲーム→セット→マッチ

1セット
1ゲーム 1ゲーム 1ゲーム 1ゲーム 1ゲーム 1ゲーム
0・15・30・40 0・15・30・40 0・15・30・40 0・15・30・40 0・15・30・40 0・15・30・40

 

呼び方

  • 0ポイント→[0/ラブ]
  • 1ポイント→[15/フィフティーン]
  • 2ポイント→[30/サーティー]
  • 3ポイント→[40/フォーティー]
  • 4ポイント→[ゲーム]

 

〇先に4ポイントとった方が1ゲーム獲得

しかし、デュース(3ポイントー3ポイント)(40-40)になった場合、先に2ポイント差をつけた方が1ゲーム獲得します。

 

〇先に6ゲームをとった方がそのセットを勝ち取ったことになります。
しかし、2ゲーム以上差をつけないとセットを取れません。

 

ゲームカウントが6-6となった場合にタイブレークが行われます。

それまでの試合は0、15、30とスコアが増えていましたが、タイブレークは、1ポイント、2ポイント、、、と増えていきます。

そして、先に7ポイントを取った方がセットを取る=そのゲームの勝者になります。

 

しかし!!!ゲームを取るには、「2ポイントの差」をつけなければなりません。

  • 7ー6ポイントで終わる事が出来ません
  • 7-5や10-8など2ポイント差をつけた時点で終了します

 

試合が終わるとスコアには7-6(5)など表示されていることがあります。

これは

  1. A選手vsB選手が試合をしました。
  2. 6ゲームで並び、タイブレークに突入しました。
  3. A選手が先に7ポイントを取り、B選手は5ポイントで、A選手の勝利です。

となります。

 

<例2>

スコア A選手7-6(12)B選手

  1. A選手とB選手が試合をしました。
  2. 6ゲームで並び、タイブレークに突入しました。
  3. A選手が14ポイントを取り、B選手は12ポイントで、A選手の勝利です。

 

タイブレーク結果のスコアの表し方は、負けた側のスコアのみを()内に表示します。

 

 

よく聞くことばにアドバンテージという言葉があります。

アドバンテージ・・・デュースになったゲームで先にポイントを取ったプレーヤー

審判はこのとき「アドバンテージ○○(名前)」と呼びます。また、スコアボードでは「A-40」、「40-A」と表現されます。「A」はアドバンテージの略です。

 

観戦を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました