ウインナー・ソーセージ・フランクフルトの違いは?

スポンサーリンク
ことば



私たちが普段食べているウインナーやフランクフルトなどの加工肉。お弁当に入れたり、お祭りで見かけたりしますよね。

味や形、何か似ているけど一体何が違うのか気になりませんか?

広告
スポンサーリンク

ソーセージとは

どれも総称はソーセージです。

範囲の広いソーセージは細かく分けられます。

その分けたものがウインナーソーセージ・フランクフルトソーセージ・ボロニアソーセージとなります。

これは太さなどで変わってきます。詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

ウインナーソーセージ

 

名前の由来はオーストリアウィーンの地名)からウインナーソーセージとなりました。

羊の腸に肉を詰められたものです。

太さは20mm未満となります。

最近は、技術の進歩によって、羊の腸でなく、腸に似た人口の詰め袋(ケーシング)に入れられています。

 

スポンサーリンク

フランクフルトソーセージ

フランクフルトソーセージはドイツのフランクフルトが発祥となります。

豚の腸に詰められたものです。

太さは20~36mm未満となります。

最近は、技術の進歩によって、豚の腸でなく、腸に似た人口の詰め袋に入れられています。

 

広告
スポンサーリンク

ボロニアソーセージ

ボロニアソーセージはイタリアのボローニャが由来となっています。

牛の腸に詰められたものです。

太さは36mm以上となります。

現在は、技術の進歩により、腸のような人工詰め袋に入れています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました