【離乳食】赤ちゃんに必要な栄養素ビタミン・ミネラル|食材ごとに始められる時期を一覧表で紹介

スポンサーリンク



【離乳食】ビタミン・ミネラルはいつから?
食材ごとに始められる時期を一覧表で紹介!

広告
スポンサーリンク

ビタミンとは

ビタミンは3大栄養素といわれる炭水化物、タンパク質、脂質が体内でうまく働くようにする手助けをして体の調子を整えてくれる栄養素です。
赤ちゃんにとっては体づくりのために必要不可欠な栄養素です。

野菜やきのこ、果物、海藻に豊富に含まれています。

*人間の体内では作れないか、作れても必要量に満たされません。なので、食物から常に摂る必要があります。

 

スポンサーリンク

ビタミンはいつから

はじめに食べる10倍粥に慣れてから始めましょう。
開始2週目頃から始めると良いです。

一番初めに食べるときは「小さじ1」からスタート。食べてくれたら、日にちをかけて少しずつ量を増やしていきます。
3日ほど食べて身体に変化なく順調に食べていれば次の食材を食べてみましょう。

野菜も甘味のある野菜から始めると食べてくれやすくなります。

食材に火を通して潰しただけだと、パサパサしていて上手に飲み込めないこともあります。お湯を少量まぜてのばす事で、赤ちゃんが食べやすくなります。
進んでいくとお湯以外にも、だし汁、野菜スープを使ってのばすことも出来ます。

はじめは加熱をして使いましょう。

スポンサーリンク

1回の量はどれくらい?

5~6カ月 野菜 15~20g
7~8ヶ月 野菜 20~30g
9~11ヶ月 野菜 30~40g
1歳~1歳半 野菜 40~50g

目安量なので赤ちゃんに合わせて量を調整してあげてくださいね。

広告
スポンサーリンク

食材ごとに

にんじん
βカロテンが豊富
甘くて食べやすいのでにんじんから始めるママも多いです

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

かぼちゃ
ビタミンA、C、Eが揃って豊富
買う時は、切り口が色鮮やかで、種が乾いてないものを選びましょう

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

さつまいも
ビタミンCが含まれる
甘くて食べやすいです

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

ほうれん草
鉄分が特に豊富
鉄分が不足しがちな9ヶ月頃から積極的に取りましょう

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

大根
部位によって味が異なります
中間部が甘みがあり煮物に向いているのでおすすめ

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

なす
硬い皮はむいて使いましょう
切り口が黒くなるので切った後は早めに調理を

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

玉ねぎ
ビタミンB1の吸収を高めます
オリゴ糖を含んでいるので善玉菌を増やしてくれます

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

トマト
皮は除いて調理しましょう(のどなどにはりつくため)
つぶすとソースになるので便利です

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

長ネギ
香り・辛味があります

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半
×

 

きのこ
ビタミンDが含まれ、カルシウムの吸収を促します
弾力がありすりつぶしたり、裏ごしがしにくいです

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半
× ×

 

アボカド
脂肪分が多いため1歳までは少量に

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半
×

 

いちご・りんご・バナナ
最初は加熱すると安心
甘くて食べやすく、とろとろにしやすいので調理も簡単

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1歳~1歳半

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 9~11ヶ月頃、上下の前歯が生えてから硬さをあげていきましょう
  • 加熱は85℃以上の熱さでしましょう。(殺菌のため)
  • まずは1さじから始め、体調に変わりがないときは日にちをかけて少しづつ増やしていきましょう
  • 初めての食材は1日1つにしましょう
  • 調理に使った道具は沸騰した状態で10分煮沸させましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました