【離乳食】炭水化物いつから?食材ごとに開始時期を一覧表で紹介!

スポンサーリンク



離乳食】炭水化物はいつから?
食材ごとに開始時期を一覧表で紹介!

広告
スポンサーリンク

炭水化物には

炭水化物の大部分を占める「糖質」。この糖質は体の中で一番早く吸収されるので、生きていくためのエネルギーとなります。原動力となってくれる成分です。

炭水化物が不足すると、疲れやすくなったり、体力の低下に繋がってしまいます。

炭水化物を適度にとることで、低血糖になることを防ぎます。
赤ちゃんの体重も増え、毎日元気に体を動かすことができます。

 

スポンサーリンク

いつから?

炭水化物は離乳食デビューにぴったりの食材です。
デビューの合図として
  • 5~6ヶ月が目安です(目安なので赤ちゃんに合わせて前後させてあげてください)
  • 首がしっかりとすわっている
  • 大人の食事中に口元を動かすなど、食べることに興味を持ち始めた
  • 手で支えてあげると座れるようになった

1さじから始め、体調に変化がなかったら日とともに1さじずつ増やしてあげてください。

スポンサーリンク

1回にどれくらいの量?

 

5~6カ月 10倍粥 30~40g
7~8ヶ月 7倍粥 50~80g
9~11ヶ月 5倍粥は90g、軟飯なら80g
1~1歳半

軟飯なら90g、普通飯なら80g

広告
スポンサーリンク

食材ごとに


消化吸収がよく、最も胃腸に負担がかからない
5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

食パン
アレンジしやすい
お湯やミルクで柔らかくしてあげましょう

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

そうめん・うどん
塩分が多いので下茹でをしましょう

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

スパゲッティ
うどんより硬い
茹でても形が崩れにくい

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

マカロニ
うどんより硬い
茹でても形が崩れにくい

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

じゃがいも・さつまいも・里芋
里芋はかぶれる可能性があるので注意が必要です
調理が簡単

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半

 

コーンフレーク
砂糖などまぶしてないものを

5~6ヶ月 7~8ヶ月 9~11ヶ月 1~1歳半
×

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 9~11ヶ月頃、上下の前歯が生えてから硬さをあげていきましょう
  • 加熱は85℃以上の熱さでしましょう。(殺菌のため)
  • 調理に使った道具は沸騰した状態で10分煮沸させましょう
  • 月齢は目安なので焦らず、赤ちゃんに合わせて進めてあげてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました