【結婚式】ご祝儀袋に入れるお札の向き・包み方・書き方を分かりやすく解説

スポンサーリンク
生活



【結婚式】ご祝儀袋に入れるお札の向き・包み方・書き方を分かりやすく解説

 

 

新札を用意する

新札・・・発行されてから一度も使用されていないお札

新しい生活を迎える新郎新婦をお祝いする意味をこめて新札を用意しましょう。

新札は銀行や郵便局で替えてもらえます。余裕を持って早めに新札にしておきましょう。

 

ご祝儀は奇数枚数いれるのが一般的です。

ご祝儀に2万円を包む場合

1万円札2枚だと、枚数が『割り切れる』偶数なので縁起が悪いとされているので

「1万円札を1枚+5千円札を2枚」にして包みましょう。

お札の「種類」が異なる場合は、金額の大きいお札から順番に入れるのが良いとされています。

ですので、表から見て「1万円札→5千円札→5千円札」の順番になるようにそろえて入れます。

 

お金を入れる向き

お札は、
人物の肖像がある側→表
肖像がない側→裏

お札の向きをそろえて入れます。

中袋の表側が、お札の肖像画がある表側を向けます。
さらに肖像画が上にくるように入れます。

 

中袋の書き方

表には金〇萬円と金額を書きます。
三万円などの数字は旧式の字で書きます。

10

 

裏には郵便番号、住所、名前を書きます。

 

ご祝儀袋の裏側

ご祝儀袋は下側が上にくるように包みましょう。

図のⒷが上にくるようにします。

  

 

ご祝儀にはたくさんのマナーがあります。

1つずつ確認して準備してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました